Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2017.06.23 Friday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

スピリチュアル

霊性と人間性の挟間で

みなさん、こんばんわ。

新しいブログを始めたのですが、何年間も書き綴ってきたこのブログへの思いはそうは簡単に変えられるものではありませんね。。

なぜか・・・それは私の意志や意識だけの問題ではないからのように思います。
私の無意識や霊性領域には私が主導権をもっていない、霊的導師の存在がいます。アセンションによって意識の変容と霊性の目覚めをしたとき一緒にそばにいてくれた指導スピリットです。
聖霊であり、天使であり、宇宙意識であり、神様レベルの分身のような存在です。

そのチャンネルに周波数をあわせると、私の意志や考えは入れなくなります。
つまり私の人間性は抹消されてしまい、性格とか、善悪とか、常識とか、思考や思いとかがなくなります。そして特定の霊性、あるいは宇宙意識による関与によって、本来わたしが知らないような内容が啓示されます。
オラクルであったり、不吉や吉兆、前兆や暗示であったり、あるいは予知夢や瞬間移動して別のものを見ているような感覚になります。そのときの私はわたしという人間の次元にはいないようです。

そのようなときの出来事は、私に大きなショックやダメージを与えることもありますし、至福のときを体験するものでもあります。しかしそのことがはっきりと「何」を意味して示されているのか、わからないものもたくさんあります。
それが私にとっての「霊性」をもった霊格、変性意識なのだと思います。

しかし結構困るときもあります。

人間性としては「YES」であることが、霊性としては「NO」や「don't care about it」であったりするし、人間としては「NO」のことが「GO for IT!」だったりするのです。

こまるんですねぇ。。

そんな挟間にいると、やっぱり自分らしさとは何ぞや?!と考えてしまうんです。
lookih.jpg

こちらのブログ記事は少しずつ見やすいように整理しながら、ぼちぼち更新を続けていこうと思います♪

  • 2011.04.25 Monday
  • 00:00

スピリチュアル

マヤカレンダーを使ってみよう!

みなさんこんにちわ。

今日は日本列島に地震がありました(~_~;) 
三陸沖や熊本地方が震源地だったようですが、みなさんは大丈夫だったでしょうか。

昨日まで冥界の王「ジャガー」が守護するトレセーナ周期でしたが、本日よりナーカル「シカ」に交代いたしました。

地下世界と暗闇に引きの強いジャガーの影響がようやく終わったと思ったのですが、パワフルな森の王者「シカ」が元気良すぎたのか、大地まで揺るがすとは・・ちょっと不安です。

 ◆○◆

マヤ・カレンダー2011「じゃぐゎーる」をお求めいただいたお客様から、どのように使ったらいいかを詳しく知りたいという声をいただいておりました。
カレンダーは頁数が限られていたため、詳しく書けなかったことを残念に思っています。

そこで今日は「マヤ・カレンダー」をどのように使ったらいいか、マヤカレンダーを生きるにはどうしたらよいか、また聖なる時を感じていくとどうなるか、などご紹介してみようと思います。



マヤ暦は日本の暦とは異なるサイクルを持っています。
基準となるのは「20」と「13」です。
サイクルの始まりから終わりまでが260日で1周するツォルキン暦です。

そして「1〜20」にはそれぞれ人類を象徴する「ナーカル守護者」の名前がついていますし、「1〜13」にもそれぞれ天国を象徴するエネルギーや数秘術的な意味がついています。

古代マヤの人々は260日という日を、大切な主食となるトウモロコシの種蒔きと刈り入れの時を決めるために使っていたようです。
また260日は妊娠期間の象徴であり、隠された別の意味からみると「本質的な人間意識の旅」であるとも伝えられています。



今日は何の日?を意識してみましょう。

毎日という時の流れは「1つのナーカル守護者」と「1つの数」が組み合わさっています。今日は「シカ・1」、明日は「ウサギ・2」、「水・3」・・・のように。
まず最初は、今日はマヤカレンダーでは何の日?を意識してみましょう。
はじめはシカの日やウサギの日が何を意味するかわからないかもしれません。それでもゆっくりと今日を意識して時を進めていくうちに、守護者が「気づき」を与えてくれるようになります。

良いことがあった日、悪いことが続いた日をカレンダーに記してみましょう。

「今日はついてた!ラッキー♪」
「何だか憂鬱で面倒なことが多かった1日だった〜(~_~;)」
いろんな1日がありますね。

その日の気分をマヤカレンダーに書き込んでみてください。
続けていくと、デイサインとの相性がつかめてくるようになります。
その日に起きたことはあなたの意識が成長するために「意味のあること」です。
良いサインの日や嫌いなサインの日との関係の意味を知るためにも、思いつくまま書き込んでみましょう。
そして夜眠る前には、よいことがあった日には「感謝」を、不運や試練にあった日には困難を癒し、浄化してくれるよう祈りながらプチ瞑想をしてみましょう。
時の守護者は確かな手ごたえを与えてくれるようになりますよ♪

自分のナーカルサインの日や生命樹サインの日を意識してみましょう。

つよぽんのデイサイン

あなたのデイサインは何ですか?
4つの方向に持つ生命樹のサインと数字は知っていますか?

まだ知らない方はぜひ下のサイトで確認してみてくださいね。

マヤ生命樹占い

サインがわかったら、マヤカレンダーで自分のナーカルサインの日や4つの方向に持つサインの日に○しておきましょう。
そしてその日にの朝には、未来・過去・男性性・女性性それぞれの方向に持つエネルギーが強まり、守護者のパワーを味方にできるよう祈り求めてみましょう。
最初は感じられなくても、徐々に特別なことを感じるようになっていきますよ。


マヤカレンダーの特別な日を祝って瞑想してみましょう。

マヤのカレンダーには、聖なる次元や内なる生命樹に影響を与えるスピリットナワールの力が働いています。

カレンダーに書き込まれているマヤの祝日や次のような日には、時を祝うという時間を少しだけ意識して瞑想してみましょう。
お香やアロマを焚いたり、ロウソクに灯をともして瞑想します。
ロウソクは浄化のしるしと言われていて、あなたの願望が内なる成長に向かって働くことを願うのに良い流れを生み出します。

自分のために、家族のために、愛する人のために、友人や全世界のために祈りましょう。
静かに瞑想するだけでなく声を出して祈ったり、歌を歌ったりするのも良いですよ。



1)13日周期の最初の日(数字「1」を持つナーカルの日)

2)ナーカルバースデーの日(自分の生まれた日と同じナーカルと数字を持つ日)

3)伝統的なマヤの祝日
  8・シカ(祖先を祝う日)
  8・ジャガー(大地サンド・ムンドの祝日)
  8・道(個人的な人生の祝日)
  8・ウサギ(農地を祝する日)
  8・コーン(運命の動物を記念する日
  8・サル(神聖暦ツォルキンの祝日)


上に記したように少しずつ時の波を意識して日を過ごすようになると、人は人間意識の旅を続けるため「時のピラミッド」を昇り始めます。
そして喜び、悲しみ、苦悩、試練、そして出会いに意味を見出すことができるようになります。

さらにカレンダーのリズムと自分の内なる生命樹がシンクロするようになってくると、サインとの関係に意味を見出して運をつかむことができるようになります。

そしていつしか、マヤカレンダーはあなた自身の道しるべとなって、過去から未来へと大切なメッセージを送ってくれることでしょう。

いつもサンキュー!にゃんピース♪
  • 2011.03.09 Wednesday
  • 18:39

スピリチュアル

マヤの瞑想と祈り

みなさんこんにちわ。

今年は瞑想すると新たな自分を発見できるかも!
ということで今日はマヤの瞑想と祈りをご紹介してみます。


瞑想をそんなに難しく考える人はいないと思いますが、実際にはどんな感じでどうすればいいのかわからない人、多いかもしれませんね。

瞑想はリラックス効果やストレス解消のためだけでなく、内なる気や力をコントロールするためにも大変効果的であることは古代から多くの先人達によって語り継がれています。

「瞑想」については最近注目も集まり、開運マガジン「MISTY」3月号では「新瞑想習慣」として瞑想をテーマとした記事を取り扱っています。



また、前世療法で世界中を癒したブライアン・L・ワイス博士は、不眠や不安、恐怖症などストレスからくるマイナスのエネルギーと影響には「瞑想」がよいと教えています。


私たちは魂のレッスンを理解できたとき、苦しみを超えて成長することができるようになります。 そして霊的な存在である自分を認識し、魂のレッスンを理解するレベルに到達したとき、人はストレスから解放されるのだといわれています。


「私たちは霊的な体験をしている人間ではありません。人間という体験をしている霊的な存在なのです。」

これはキリスト教神秘主義者のピエール・テイラード・シャルダンの言葉です。


人間の体は魂や霊を入れた乗り物で、乗り物が自分だと思ってるけど、実は乗り降りも出来るし、活動もできるよ♪ というような内容を伝えたいのです。

そのためには乗り物である自分の肉体と、魂や霊のエネルギーが別であることを知ったり、あるいは分離させないといけないですよね。


マヤでは「内なる樹」と呼ばれる「生命樹」という概念があります。
天国にある「生命の樹」と、人体である小宇宙の中にある「内なる樹」はつながっている。さらに地下世界という「あの世」にもつながっている。そのような大宇宙を上昇したり下降したりするのが霊的な光のエネルギーなのだと教えています。


この霊的なエネルギーの通り道をナワトル語で「マリナリ」と呼びます。
マリナリは脊椎を上下する生命力であり、天と地をつなぐ梯子、内なる樹と天にある生命の樹をつなぐチャクラのような霊的通り道を意味しています。

今年2月22日、マヤの守護者は「マリナリ(道)」に交代しました。

これは天にある生命の樹と内なる樹に梯子がかかっている状態を意味しています。 内なる樹としてのマヤ生命樹には、4つの方向のエネルギーとデイサインを持っています。

マヤ魔術的にみると
東の守護者: 聖ドミニック 属性:未来、日の出、春、赤色
西の守護者: 聖ジェームス 属性:過去、日の入り、終わり、秋、黒か青色
北の守護者: 大天使聖ガブリエル 属性:女性性エネルギー、祖霊、冬、白色
南の守護者: マリア・マグダレナ 属性:男性性エネルギー、生命力、夏、黄色

センターナーカルを中心に4つの方向にエネルギーは循環しています。
特に今年はマリナリが天とつながっている年ですので、現在から未来に向かうエネルギーが上昇しやすくなり、また天からチャンスやイメージのエネルギーが降りやすくなっています。

マヤのシャーマンが瞑想をする際の霊的宇宙観を紹介してみます。
簡単ですので瞑想してみましょう♪


東にむかって立ちます

大きく深呼吸をしてから目を閉じましょう。そして自分が宇宙の中心に立っているイメージをしてみます。

足の裏から大地のエネルギーが内なる樹である背骨を伝わって昇っていくイメージをしましょう。このエネルギーは母なる大地の豊かさと力強い生命のエネルギーです。

今度は頭のてっぺんから天のエネルギーが内なる樹である背骨を通って、大地へと降りてくるイメージをしてみましょう。これは「霊的なパワー」を現し、聖なるものやインスピレーションとつながっている「天の滴」と呼ばれるエネルギーです。

静かに目を閉じたまま、上昇するエネルギーと下降するエネルギーを感じてみましょう。

さあ、今度は両手を広げてみてください。宇宙に立つ生命樹が4つの方向のエネルギーを集めます。十字架のイメージです。両手を広げ、指の先からエネルギーが入ってくるイメージを抱いてみましょう。

最初は右手の方向は南を指す男性パワーです。力強さや威厳、尊厳や家族愛を含めた人類への愛を受けては流すエネルギーです。あふれるばかりのエネルギーを感じてみましょう。

次に北を指す女性パワーを左手の方向に感じてみましょう。
心模様や神秘、宇宙のあらゆる愛の女性性エネルギーが豊かに流れ、受けては送るイメージをしてみましょう。

今度はあなたの背中に意識を集中させましょう。
そこはあなたのご先祖様、あるいは世界中の祖先が魂の故郷で宇宙の根っこを支えています。そこはまた集合無意識の世界です。感謝と祈りをこめて背中にパワーを感じてみましょう。

そして最後に自分の前に開けている未来を想像してみましょう。大地は前方に広がり、霊的な道が通じています。 時の循環のなかで今の一瞬を宇宙の真ん中で輝いているあなたがそこにいます。 内なるエネルギーはすべての方向に流れ行き、また再びあなたの中心にあるハートチャクラに戻ってきます。

静かに深呼吸をして、内なる生命樹が豊かに実るイメージをしてみましょう。
あなたは宇宙の一部です。 そして天と地に感謝し、祈りを捧げましょう。
瞑想をとおしてマヤの十字架であるあなたに、マリナリは光のエネルギーを与えてくれるはずですよ♪
(ジャガーの智恵 参考)


このように瞑想して内なる樹をエネルギーが伝わるイメージを持つことで、マヤの守護者は通りよき管となってあなたを導きます。そして「道・マリナリ」である梯子を伝ってエネルギーの上昇と下降を手伝ってくれるに違いありません。


年の守護者「道」の霊的エネルギーを味方することで、あなたの年運や未来運がUPするに違いありませんよ!
  • 2011.03.05 Saturday
  • 19:00

スピリチュアル

マウイ島で聞いた女神の声・・

みなさんこんにちわ。

3月3日のひなまつり、女子会は盛り上がりましたか?^^

私はお料理とデザートは娘のために頑張ったのですが、一つ忘れていたものがありました。 雛あられ・・・(^_^;)

まぁ、娘も気がついていなかったから言わないでおこう。。ww

 ★

きょうはマウイ島でのスピリチュアル体験のお話を書いてみます。

私が不思議な現象やスピリチュアルを体験しはじめたのが20代の頃。
いくつかの神秘体験のなかで、特にハワイ・マウイ島での出来事は今でも鮮明に覚えています。

思わず振り返ってしまったほど驚いた体験でした。



20代の頃旅行会社で働いていた時のことです。
いろんな国へ行ってみたくて、安いチケットを手配し休暇をとっては一人旅を楽しんでいました。
特にマウイ島は大自然のエネルギーがそのまま生きて輝いているようで大好きでした。

あるときビーチでゆっくり太陽の光を浴びながら聖地のパワーをもらってリラックスしていると、突然まばゆい光のなかから声がはっきりと聞こえてきました。

「Perfect Future!」

??


女性の声でした。
しかも驚くほど凛としていて、エネルギーと波動の高い威厳ある「声」でした。

何だろうと思いながらしばらく椅子にすわっていると再び

「Perfect Future!」


そのとき私は一人でしたし、周りに女性のすがたはありませんでした。
それでも振りかえってみたくらいです!



その日の夕方、わたしは現地の友人と会う約束をしていたので、食事をしながら彼女にその話をしました。

不思議ね・・といいながら、その彼女は突然何かを思いついたように「そうだ!知り合いにフラダンスをしているとても有名な女性がいるの。彼女はすごく美しい踊りをすると評判よ。見に行かない? 彼女のダンスを見たら何か識るかもしれない!」

二人で彼女のフラダンスを見に行きました。


さいしょ彼女は少しの間目を閉じていました。
そして空と海にむかって両手で投げキスをして、踊りはじめました。

音楽をききながら、海を背に白い砂の上でひとり踊っていました。私たちがいることなんてまったく忘れているかのように。

彼女のダンスは「祈り」「感謝」そして「愛」のエネルギーにあふれていました。
まるで天女が祈りながら舞っているかのようでした。

彼女のフラに私の心は魅了され、涙があふれてきました。
魂がふるえて感動していたのだと思います。




彼女が踊り終えたとき、波は大きな音をたてて彼女に拍手をおくっていました。

「Perfect Future」

それは天からきこえてきた女神の声か、あるいは聖なる大地フラの女神の声だったのかもしれません。

その声は美しい彼女のフラダンスを通して「未来を完璧なものにする」「完成された未来」というほんとうの意味を、私におしえてくれたのではないかと思います。


赦しと愛がきらきらと光った地上の楽園にいるような感じを覚えた瞬間でした。


  • 2011.03.04 Friday
  • 11:11

1