Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.04.13 Friday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

無意識の真実

現実逃避

私たち人間は、毎日を現実として生きています。当たり前!…なんて言わないで聞いて下さいね!
でも、それは本当に現実でしょうか?
それは自分にとって納得できる確かな歩みでしょうか?
 
 私が旅行会社に勤めていて、飛行機に何十時間も乗っていろんな国を訪問したり、いろいろな国の人たちの渡航のお手伝いをしていたとき、それは私にとって紛れも無い現実でした。今では2児の母であり、子どもの成長を支えるために日々格闘しているのもまた現実です。
 泣いたり、迷ったり、悩んだりするのも現実ですし、働かなければ食することも出来ないのもまた現実です。

現実……それはあまりにも自分を占める割合が大きく、絶対的な主張によって自分の願望や夢を現実にするためがんじがらめにしていて、夢や希望に向かいつつ自分の存在を縛ってしまう…。そのような不可思議なものが「現実」なのではないでしょうか。
みんな現実に縛られていて、大切なことは後回しにする… そんな生活を送っている。たとえば、身体が休むことを必要としているのに現実には休めなくて仕事をする。とか、家族の生活を安定させて幸せになるために働くのに、現実には家族と過ごす時間は無く、家族との仲は悪化するばかりになってしまう。とか、夢に向かってがんばっているのに、夢を追い求めるだけでは食べていかれずに現実には夢とはかけ離れた作業をしなくてはならない。など等、現実と自分の理想とのギャップは到底埋められるものではないのではないでしょうか。

人はそこで妥協点を探し出すことが必要なのです。
「want」という行為を完成させるためには、人は必ずある過程を踏まなくてはなりません。
1) must to do or must not to do
2) need to do or need not to do
3) can do or can not do
4) want to do or do not to do

この4つの過程を私は何度通過してきたことかわかりません。そして何度この4つの過程を鑑みたかさえわからないほど、繰り返して考えてきました。
これは一つの考察論文が出来上がってしまうほどの大きな行動の元型を表しているのです。
人が4の「したい」という行動を実行可能とするためには、1〜3の全てに「YES]であることが求められる。ということなのです。
何かをしたい、と思っていてもそれをするためには、しなければならないことや必要のあること、さらに現在出来ることであるかどうかを全て検討された上でしか、達成しえないのです。例えば、中学生が家出をしたい!と考えたとします。彼は4の家出を達成するためには、まず寝るところと食べることを考えなければなりません。さらに必要なお金や行き先を確保することも大切です。そして出来るかどうかわからないけど、やってみよう!という決心を確定させなくては、家出という行動には成功が伴わないのです。
成功しなくてもよいなら別ですけど…。

という具合にいろいろな理想に向かって現実を前進させたいと願うならば、上のような過程を無視しては成功させることは出来ないということなのです。人間って大変ですね、本当に…。
そこで私が思うには、現実にはYESよりNOが多くて、どんなにがんばってもWANTの達成には程遠いと思われるようなときこそ、現実を逃避するに限るのです。現実逃避…、それは決して卑怯でも逃げてるわけでもないのです。

現実を一度離れて、ありのままの自分を見つめることで、違った視点を探せたり、別のルートを見つけ出したりすることが出来るのです。息も絶え絶えに現実を行き続けるほど、本人にとって辛くて大変なことはないのです。
せめて現実を少しだけ逃避して、もう一度4つの過程の何処が足りないのか、どうしたら成功に近づくのか、また別のWANTへの方法はないのかなど、無意識が教えてくれる可能性に目を向けるチャンスになるのです。

道が見えなくなったり、自分の夢や希望を失いかけたりしたとき、ありのままの自分を見つめるために、現実をちょっとだけ逃避しましょう。
現実にはない素晴らしさを発見するはずです。
旅行も、自然とのふれあいも、人間ドックだってOK!
きっと新たな道を見つけるかもしれないのですから。
  • 2006.09.24 Sunday
  • 15:54

-

スポンサーサイト

  • 2018.04.13 Friday
  • 15:54
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback