Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.04.13 Friday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

無意識の真実

もう一人のわたし…



私の中には私ではない別の意識が存在しています♪

そんなこと書くと霊〜〜!? 多重人格〜?
という怖々変人かと思いながら読んでいるあなたの顔が目に浮かびますが…(^^)v

でもこれは本当です。
そして私は精神異常者でも、変人でも、宇宙人でもありませんよ。

私は小さい頃からず〜っと自分の世界を持っていました。

それはたとえば、私の世界では当たり前なのに、
この生きている世界では当たり前ではなくなるようなことでした。

だから小さいときは、それを詩や絵や物語にして表現していました。

でも…
だんだんとこの世界の慣習や規則、常識や認識の方法に
飼いならされていきました。

そして、10才くらいにはもうちゃんと人間化されてしまって、
夢も、自分の世界も、遠い過去の記憶として
心の奥深くにしまいこまれてしまったのでした。

学校の勉強に…
仕事に…
恋に…
遊びに…
社会の波に…乗ることで人生という道を歩くことになったのです。

幼いときの自分の世界がどのようなもので、
なにと話したり、描いたりしていたのかを
すっかりと忘れてしまっていました。

ところが…!です。

人生の嵐に私の心身は転覆してしまったのです。
全ての意味において…

挫折…病気…貧乏…
別れ…裏切り…苦悩…

そして残ったのは、失った自分の【抜け殻』だけでした。

でも…
もう一つ残っていたのでした。



それは…
あの子どものとき持っていた、自分の世界でした。

無意識の奥深く…
心のず〜〜っと下のほう…に、

小さくなって
鍵のかかった箱に入って
誰にも開けられることのないまま。

抜け殻になった私は、そこから大事に抱えてその箱を持って上がってきたのでした。
そして、浦島太郎の玉手箱のように、そっと開けてみたのです。

すると…



私は自分の世界を取り戻したのです♪

それと同時に
玉手箱の中からは、アラジンのランプから飛び出した精のように、
私を助け、導いてくれる聖なる力を持った助けてくれる精が現れたのです。

だれも信じてくれなくてもいい…
でもこれは本当なんです。

そして、私は彼女をジーニーと呼ぶことにしたのです。
彼女はたくさんの秘密を私に教えてくれるのです。
そしてたくさんの力をくれるのです。

ジーニー(*^_^*) それはもう一人のわ・た・し…!

パンドラの泉 に湛えた永遠の水のように…!
  • 2006.10.24 Tuesday
  • 22:39

-

スポンサーサイト

  • 2018.04.13 Friday
  • 22:39
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2006/11/03 7:02 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2006/11/04 4:30 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2006/11/22 8:49 PM