Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.04.13 Friday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

時の人

氷の女王から王冠を手にするのは?

オリンピックスケート女子のショートプログラムが終わりましたね。

浅田真央ちゃんはスケート技術とその美しい演技力によって、高得点をとることができました。


点数のみならずそのスケーティングは、光り輝く天使がリンクの上に舞い降りたかのように可愛らしく、陽の純真なエネルギーが真央ちゃんを包んでいて、魂に響く暖かい感動を私たちに与えてくれました(*^^)v




真央ちゃんに送る拍手と歓声が止まない会場で、次に順番を待っていたキム・ヨナ選手。 登場して始まった音楽にすっと入ったキム・ヨナ選手ですが、その演技力は観客にさすが!と思わせるような、見事なスケートを披露してくれました。


彼女は「プレッシャー」という見えない敵を倒すのではなく、自らの氷にかける情熱を信じて、見えない敵と友達になったかのようなオーラの力を感じました。


浅田真央 73.78
キム・ヨナ 78.50

4.72の点数差でショートのトップに立ったのはキム・ヨナ選手。

あさって26日はフリースケート。

先ほどスケーティングの順番が決まり、今度は真央ちゃんがキム・ヨナ選手の後に滑走することが決まったそうです。


前回二人の運勢を告げるナーカルデイサインが「香」であることを書きました。

氷の女神が微笑むのは…?


香というサインを守護するマヤの神の名は「Xolotl(ショロトル)」

この守護神は宵の明星、双子(ケツァルコアトルの双子とも言われていますが)、自分の姿を変えるもの、地球の姉妹惑星である金星の象徴です。


 地球から見える金星は、宵の明星として輝いた後に約2週間見えなくなり(太陽の手前に入るため)、次に現れるのは明けの明星として昇ってきます。そして今度は太陽の後ろ側に入って13週間姿を消したのち、再び宵の明星として現れます。

マヤ人にとって金星を観察することは、ハアブ暦に意味を与えてくれただけでなく守護神の力を識るために大切なことでした。


 「香」の陽のエネルギーを支えているのは「香」地震の特性が意味する「地球、創造的な霊、脈動するリズムと知性」、そして生命樹でいうと「サル」です。 

また「香」の陰のエネルギーは、毎晩太陽を地下世界に案内しては地上へと送りつなげる役割をもちつつ、宵に輝く金星を象徴としながら地を照らす神秘的な光の力「夜」。


キム・ヨナ選手は金星の宵の明星、真央ちゃんは金星の明けの明星の力をうけて輝きます。でも、実はどちらも金星という同じ星の二つの側面を現すものなのです。

金星が明けの明星として輝くなら東の空、宵の明星なら西の空です。
現在の金星は太陽の東側にある「宵の明星」の始まりです。

まだ高度が低くて見づらい状態ですが夕焼けが残る西空で、明るく光る金星の姿を見つけることができるようになってきているそうです。


宵の明星が輝く時期ということから見ると、キム・ヨナ選手に運命の女神は微笑みそうな気がしますが、そうはいっても同じ金星。
ここは何とか真央ちゃんに乗り切ってもらいたい!





真央ちゃんの「女性性」にある「夜」のサインの魅力を意識して、陽のエネルギーと同じくらい神秘的で明るい夜的感性を披露するよう心がけることで、「サル」の日のサインの力がより一層引きあがってきて、金星の守護者のパワーを引き寄せることが出来るのではないかしら!と思います。

またもう一方で二人のスケートに向かう姿勢を見ていて、背後で二人の環境を支えている周囲、チームや国の力の入れ方の違いを大きく感じました。

浅田真央選手を支えているのは、応援するみんなの心や純粋で明るい真央ちゃんに精一杯のステージを演じてもらいたいという期待や願いです。もちろん彼女のスケートを支えている多くのスタッフもいるとは思いますが、スタッフやチームは真央ちゃんをサポートする側に回っているように感じます。あくまでも氷の女王になってほしいという期待をしつつサポート企画、構成しているように感じます。

しかしキム・ヨナ選手については、少し違う捉え方ができます。
例えば今回のオリンピックに向けての国側の意気込み、みたいなものが強く感じます。

音楽のイメージを盛り上げるための構成力や、パフォーマンスを最大限に見せるためにキムヨナ選手の個性にあった演出。また彼女の魅力を引き出すような妖艶なフリを生み出した企画力など、国をあげての気迫さえ感じられます。それはまるで彼女を氷の女王の座へと運んでいく、蟻の軍隊をイメージさせるようでした。

国の力の見せ合いとならないよう、純粋にスケートを通して真央ちゃんとキム・ヨナ選手が金星の双子の側面で輝いてほしいと心から願い、また応援したいと思います。


  • 2010.02.24 Wednesday
  • 18:53

-

スポンサーサイト

  • 2018.04.13 Friday
  • 18:53
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2010/02/27 9:20 AM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2010/02/27 11:56 AM
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback