Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.04.13 Friday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

時の人

沢尻エリカさん 今年の運勢は?!

芸能界では「沢尻エリカ」さんが時の主役となっているようですね。

ERIKA TOKYO


とても可愛くて魅力的。演技も上手でスタイルは抜群。
様々な態度や結婚が問題・話題となって、メディアの前に現れることが少なかったようですが、「今」彼女は大きな転換期を迎えているようです。


五行とマヤ暦を組み合わせた「マヤ生命樹占い式盤」をもとに、エリカさんの今年の運勢、そして今後を占ってみました。


実はエリカさん、私と同じ「死」の一族なのです。

ナーカルが同じとあっては、占わずにいられないのが本音なのですが…(^_^;)

彼女の誕生日からナーカルを調べると次のようになります。

マヤ・ロングカウント

12バクツン
18カツン
12ツン
16ウイナル
6キン


マヤツォルキン「死・13」
ハアブ暦「ワイエブ4」
ナイトロード「G2」

生命樹

未来 ジャガー8
男性性 祖先7
女性性 道6
過去 ナイフ5


これを見るだけで、彼女の生まれ持つ運命の強さを感じてしまいます。

「死」というサインに生まれた人は最も幸運な誕生日を持っていると言われていて、黄泉の国の祝福を受けて生まれているため、現実的であることより理想的、神秘的、夢やファンタジーを好む傾向があるそうです。
でも普通「死」と聞けば、やっぱり冥界をイメージしてしまいますね。
たしかに「死」はあちらの世界とこちらの世界を繋ぐ、また世界と人をつなぐ橋渡しの役割を持っています。

その「死」の中でも「13」という数字は「次の次元に引き上げるアセンションの力」を持っていて、とても運命の力が強いのです。
彼女の生命樹の中で一番強いのは「自分」というナーカルなのです。

もう一つ驚くのはハアブ暦での生まれた日。
20進法を使っているマヤのハアブ暦では、20のデイサインによる20日間が1年の中の1ヶ月となり、18ヶ月あります。
20×18=360日。
残りの5日が「ワイエブ」と呼ばれる「不吉な5日間」が最後の月となります。

つまり、ワイエブという月はたった5日しかない月なのです。
エリカさんは、その「ワイエブ」を生まれ月にもっていることになります。


さらにナイトロードと呼ばれる彼女の夜を司る守護神はG2。
G2は「イズトリ」と呼ばれ、破壊の神としての神格を持ちます。
試練や苦悩、精神の鋭さを警告するものだと言われています。

ここまで見ればエリカさんの運命は、よくも悪くもとても「強い」ということがわかりますね。

マヤ占い式盤をみると



今年の「死」の一族は、自分の生命樹が南の方角に位置する「ジャガー」から始まって成長し、西やや北方よりの「ナイフ」で落ち着きます。

仕事運や社会的な運勢が高まり始めるのが6月初旬からで、10月上旬まで自らの過去・根っことなる土台を築き上げるという運気が高まることを意味しています。

また今年の特徴としては「チップ」と呼ばれる精霊・守護妖精の光(小さな光)が指す方角が、東北から西南に向かっています。
その光の向かう先に自らのナーカルデイサイン「死」が位置しているということになりますので、天の心が地上の心の中に降りてくるため、とても自分自身が高まる幸運な周期となるのです。

つまり「死」の一族は「西南」を中心に左右に生命樹が展開されていて、天から救いの小さな光が運勢を支える、ということになるようです。


さて彼女の社会的な命を受け入れたのはエーベックスの社長「松浦」氏です。以前小室哲哉さんとの運勢を見させていただきました。


avex松浦社長と小室哲哉氏のサインが語る運命とは…?

松浦社長の今年の運勢はほぼ南を中心に生命樹が展開されています。



つまり、仕事運、社会的な運勢が強く現れる、また引き寄せる年といえそうです。シカを中心とした生命樹のうち、男性性サイン「ワニ」とナーカルサイン「シカ」がちょうど南をまたぐように位置していますが、その間にあるのがエリカさんの未来のサイン「ジャガー」となっています。

松浦社長のビジネスや仕事運を司る「ワニ」と個性が光る「シカ」の力によって、エリカさんの未来を象る「ジャガー」が強運によって引きあがる!ともいえるのですね。


もう一つ不思議なことに、エリカさんの生まれた年はマヤ暦では「シカ」が年の守護者でした。2010年も2月からマヤ暦では「シカ」年です。
シカによって生命の息吹が与えられているという運命は、偶然だとはいえません。

沢尻エリカさんは松浦社長のもと秋に向かって、自らの生命樹を大きく成長させ飛躍することとなるようです。

今年の「死」の周期が味方しているのは、エリカさんの「社会性と根っこを支える幸運」ということなのかもしれません(*^^)v

成功と活躍を期待したいと思います。

  • 2010.05.10 Monday
  • 22:51

-

スポンサーサイト

  • 2018.04.13 Friday
  • 22:51
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback