Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.04.13 Friday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

時の人

カラスも煙草を一服?!

今朝のニュースは鳩山総理が辞任する意向を伝える内容と、小沢一郎幹事長も一緒に辞職!という衝撃的な政治報道で一色に染まっていますね。

日本の政治はこれからいったいどうなっていくのでしょうか…(・_・;)


からすが屋根の上で一服?!


まるで喫煙するかのようにたばこをくわえるカラスが、モルディブで撮影されたと、デイリー・テレグラフ紙が報じました
(Daily Telegraph 2010年5月19日)。

煙草をくわえたカラス



 カラスを撮影したのは、英国南東部のイースト・サセックス州に住む、ジュディー・エリスさん(53)。休暇で訪れたモルディブで、カラスがたばこをくわえているのを目撃し、その様子をカメラに収めた。

 カラスは水上ヴィラの屋根の上で、たばこを箱から取り出してくわえていたとのこと。また、さらに2羽のカラスがやって来て、まるでたばこを分け合うかのように、同様にたばこをくわえたという。

 エリスさんはこれまでに4回モルディブを訪れているが、たばこをくわえるカラスを目にしたのは初めてとのことで、「このような光景をカメラでとらえることができてラッキーだった」と話しているという。
(by 国際時事新聞 2010年5月)


カラスという鳥は、とても頭のよい鳥です。

Wikipediaによると、カラスはとても賢い動物として知られている。と書かれています。

問題解決能力に優れ、自動車に木の実を轢かせて割る、瓶の中で水に浮く餌を取り出すために石を沈めて水位を上げる、など霊長類に匹敵する知的行動を取れる。特にカレドニアガラスは道具を使うことで知られており、木の幹の穴にいる幼虫を棒を使って取り出す。鳥類の例にもれず視覚認知能力が高いが、さらにヒトの顔を見分けて記憶することができるそうです。


現代の日本では、悪戯やゴミをあさったりする不吉な鳥として人々にあまり親しまれてはいませんが、古来カラスは「吉兆を示す鳥」として霊格を持ち、天からの使者として尊ばれたという神話や伝説も数多くもっています。



エジプトにおいては「太陽の鳥」でありましたし、キリスト教の聖書神話では、主が信仰心の篤いエリアにヨルダン川のほとりに行くよう命じ、そこでエリアを養うようにとカラスにも命じました。
すると幾羽かのカラスが朝になると彼のところへパンと肉切れを運び、また夕方になると同じように食物を運んできたといいます。


煙草を吸うしぐさは人間の真似をしているに過ぎないのでしょうけれど、カラスにとってもストレスの多い時代なのでしょうか。

人間に愚かさを伝える使命を受けているのかはわかりませんが、現代のカラスもまた人間と同じように、放蕩ガラスになってしまったのでしょうか・・・

煙草から煙が出ていないだけ救われていますが…(^_^;)

  • 2010.06.02 Wednesday
  • 13:15

-

スポンサーサイト

  • 2018.04.13 Friday
  • 13:15
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback