Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.04.13 Friday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

地球学

闇の世界で生きる生命




地中海の生態系が脅かされていることで、深海の生息環境が変化しているといいます。
温暖化による水温の上昇や海水の酸性化が最大の問題だと専門家は指摘しています。


深海に住む生命体を調べてその美しい姿を私たちに見せてくれる本があります。
「深海生物の謎」から一部引用して紹介してみます。

◇〜

深海の海底。はるか上空には豊かで青い世界がある。だが深海は暗く、冷たく、餌の乏しい世界だ。ひるがえって自分たちの肉体を考えれば、これはなんとバカげた設計なのだろうか? 高い体温?食べたもののほとんどを代謝に回す、とんでもなくぜいたくなシステムだ。こんな燃費の悪い体では凍え死にしてしまう。体温は周囲の温度に合わせてしまえばいい。動作は鈍くなるがかまわない。タンパク質をぜいたくに使ったこの筋肉もムダだ。第一、これでは重すぎる。肉体は海水の比重に近づける。そうすれば相対的な重量は0に近づき、動きやすくなる。


眼をこらすと時々、なにか光るものがある。発行する動物だ。
だが形はわからない。眼がムダだ。少なくとも映像を見るなんて無意味だ。
見えないのだから。
それにこの脳はなんだ?眼からはいってきた情報を処理して映像として認識するシステム。
こんなものは必要ない。脳はエネルギーを膨大に消費する。
だから単純な情報処理システムに置き換えよう。



考えることもない、眼は映像を見ない。
薄まった体は海水の中で軽い。動作はのろいがそれでいい。
泥を喰うやつもいる。泥の中に何パーセントか含まれている有機物を消化しているのだ。それはとんでもなく薄いスープをガバガバ飲んでいるようなものだが、それでもやっていける。



ところどころおびただしい、生き物が群がる場所がある。
そこはヘドロの海底、有毒ガスをまきちらす火山地帯、そして腐りゆくクジラの死体だ。
光の世界に住むやつらは、ここをおぞましい地獄だと思うだろう。だがここは、化学反応エネルギーがあふれている。それを求めて無数のものたちが集うのだ。
時には、斜面を流れ下る泥水の流れ、乱泥流もくる。
これは生物を生き埋めにして殺してしまう恐いものだ。だが…、乱泥流が運ぶ泥の中には、たくさんの有機物が含まれている。
泥を喰らうものにとっては、恵みの流れでもあるのだ。


化学反応エネルギー、そして乱泥流、これらは地球の地質的な活動、地震やプレートの運動と密接なかかわりがある。
地球の動きによって深海生物は命をつなぎとめているのだ。


〜◇

これは、深海生物の謎について深海探索や研究を重ねてきたフリージャーナリスト北村雄一氏がその著書の冒頭で語っている言葉です。

深海生物はなぜそこで生命が育まれているのか、またなぜ彼らは暗黒の闇という深海を住まいとして生きることに決めたのかを紐解き、また海洋研究開発機構を取材しながら探求されて著された魅力的な本です。



深海魚たちにとって「眼」は必要ないし「光」もいりません。
光がなくても生きていかれる生態システムを持っているからです。

普通植物は、生きていくために必要なエネルギーを光からとり出し、単純な化合物から体を作り上げることもできます。



ところがある種の水中にいるバクテリアは、光抜きで二酸化炭素から自分の体をくみ上げることができるのだそうです。
そしてそのために必要なエネルギー源は光を使う合成でなく、メタンや硫化水素などが酸素と反応したときに発生する化学反応エネルギーを使う合成の仕方なのだそうです。

そしてそれは、あらゆる海底で可能です。

メタンを含んだ湧き水、温泉、死体の腐敗による酸欠場所などでバクテリアは大量に発生し、そこへ貝がやってきて共生する。
その貝を食べる深海魚やエビが生存している…。


私たちのように「光」が必要な生物は地震を恐がりますが、深海の世界に生息している生命にとっては地殻変動が命をつなぐことに加担する嬉しい出来事なのだということです。


地中海に住む深海生物の4分の3は未発見だと考えられていて、発見される前に絶滅してしまう生物もいるだろうと科学者たちは懸念しています。


一方にとって善であることが、他方にとって悪となる。

地球という惑星には二元性はリアリティであり、避けて通れない真理として存在するのですね。



  • 2010.08.04 Wednesday
  • 13:36

-

スポンサーサイト

  • 2018.04.13 Friday
  • 13:36
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2010/08/18 6:14 PM
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2010/08/05 2:59 PM