Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.04.13 Friday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

マヤ占い

どうなる日本?!マヤカレンダーでみる3月後半


みなさん、こんばんわ。

計画停電。。さきほど終わりました(^_^;)

家の中も、窓からみる外の景色も超まっくら!でした。
でもそのおかげで、月やオリオン座がすごく綺麗に見えたよ。
月が夜の太陽♪っていう意味、よくわかった。

それからもう1つ、アロマのロウソクを6個くらい用意して転ばないよう部屋のポイントに置いてたんだけど、すごく優しくてあったかい気持ちになったよ。

1日のうちこんな時間も少しあるって、心や精神が少しほっこりしていいかも(*^_^*)って思ったよ。協力できてほっこりできるw! がんばろう♪



さて。。
日本大丈夫? 最悪のシナリオ原発事故や富士山噴火・・日本沈没の可能性は?
3月後半はいったいどうなるんだろ?!

不安の要素は山積みですが、きっと大丈夫!! みんなでそう信じてね。
浄化は順調に進んでいるはずですよ。


★マヤ暦の周期とサインからみた3月後半戦の運勢とオラクルをお知らせしましょう。

3月16日〜21日 シカ周期後半

今日はマヤ暦では「ジャガー・8」というデイサインの日。
「大地を祝う祝日」だったんです。

大地の王「サンド・ムンド」が母なる地球を優しく守ってくれるように。
エネルギーが人間と自然のあいだで調和されるように。
幸運なことを感謝し、困難なものから解放され、邪気から清められ、不運を浄化してくれるように。と祈りながら。

古代マヤの人たちは天然樹脂で作ったお香「コーパル」を古いお皿の上にのせて焚きます。マヤの十字架や祭壇にはたくさんのお花や食べものを飾り、キャンドルやローソクに灯をともしてお祝いをし、祈り、感謝を捧げます。



3月21日は春分の日ですが、この日は「嵐・13」というデイサインです。
3月9日から始まった13日トレセーナ「シカ」の周期ですが、その最後の日となります。
シカはパワフルですが、どこか個性が強すぎて目立ちすぎます。突っ走りすぎて転ばないとも限りません。
そのシカを根っこで引っ張り支えているのが「嵐」なんです。だから嵐はシカにとってはとても大切なパートナーなのです。

ジャガーが大地で暴れながら浄化するのも、シカが地上でパワフルに飛び跳ねるのも、21日の春分の日に向けて天上で祝祭をあげるため!なのかもしれません。

21日までは、今しばらく不安定な状態が続くかもしれません。
その内容は、前回述べている通りです。
   ○マヤ暦と大地震との関係〔1〕
   ○地震とプレアデス星団&マヤ神話との関係〔2〕

大地が日本人の祈りを受け入れてくれることで、邪なる偽の光の排出が行なわれていくはずです。

畏れず、慌てず、厳粛にすべてを受け止めて、自の在るべき道に留まりましょう。大きなベクトルの変化は危険なとき。今は天からの智恵を待つのが好ましいでしょう。

3月22日〜4月2日 祖先周期

22日から「祖先」のトレセーナ周期に入ります。

春の始まりとともに穏やかに始まってほしい「祖先」周期ですが、この周期はマヤカレンダーからみると大きな変化の時です。

28日までの前半はシカから受けとった時の荷を背負い、花や芸術の神と一緒にしばし人間に大切なことを教え、また楽しませてくれるかもしれません。
ナーカル「祖先(アハウ)」は、人間意識と神意識の統合という絶頂を象徴するサインです。集合的な悟りの意識をあらわし、「花」としてその姿をあらわす神アハウです。

人と人をつなぐ使命を持つ「死・7」をピラミッドの頂点として時をつないでいる時期です。「協力」「出会い」「つながり」「縁」「世界」「橋渡し」がキーワードとなって28日「死・7」をむかえることになります。

しかしまだ注意が必要です。
3月29日は「シカ・8」マヤカレンダーでは「祖先を祝う祝日」です。
祖先を祝い、祈りと感謝をささげる日です。
しかし。。その日からマヤのハアブ暦では「ワイエブ月」に入ります。
ワイエブ月の絵文字

◇ハアブ暦(ワイエブ月)について少し説明しておきましょう。
 ハアブ暦は太陽暦です。でも私たちの知っている太陽年とは少し仕組みが異なります。1ヶ月が20日で、18ヶ月あります。
20×18=360日
ハアブ暦では1年365日です。
18ヶ月360日が終わると「ワイエブ月」と呼ばれる最終月がやってきます。
たった5日間ですが、この5日間はマヤでは伝統的に不吉であるとされています。
特にアステカ族はこの期間中、断食をして祈りを捧げ、火をすべて消すという言い伝えがあります。

今年は祖先を祝うはずの祝日がワイエブ月の始まりと重なります。
何ということでしょう!
祖先アハウを祝う日に、火を消して喪に服するのです。
それが5日間続きます。

この5日間、大事が起こらないよう、神々に祈っていきましょう。
備えていきましょう。

この時が過ぎればマヤカレンダーの大きなイベントは終わります。



4月3日には「0・ポップ、道・13」の日を迎えます。
この日はハアブ暦のあたらしい始まりの日、「道」の守護者のエネルギーが「13」で最高になり、浄化が終わり新しいステージが祝福される日です。

マヤカレンダー的にみた日本の試練は4月3日までだと思っています。
日の出ずる国「日本」が新しく生まれ変わる日になることを、私は大いに期待しています。

皆で力を合わせてこの時を乗り切りましょう。

  • 2011.03.16 Wednesday
  • 22:22

-

スポンサーサイト

  • 2018.04.13 Friday
  • 22:22
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2011/03/17 10:16 AM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2011/03/17 10:48 AM
Send Comment