Calender

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.04.13 Friday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

マヤ占い

夜明け前・・・祖先(Ahau)の周期

みなさん、こんにちわ。

東北・関東地方では、今日も大きい余震が続いています。
余震なんだかまた別の地震なんだか、わけがわかりません。
それくらい多いですね。

地震酔いの方も増えてきていて、交わす挨拶が「あら!また揺れてる?!」
(・_・;) 何とかしてほしいものですww

地震だけでも怖いのに原発の不安も加わって、誰にぶつけりゃいいの?!この気持ち!!というのが国民の正直な気持ちだと思います<m(__)m>



金曜日あたりからですが、実のところマヤの暦が伝えているメッセージを紐解きながら、共時性によって重なった様々な現象に青ざめていた私でした。

マヤ暦では「嵐・13」が第5の世界・・・つまり現代の太陽神が「13」の力で決断を下す日、陰陽が同じという春分の日、エクストリーム・スーパームーンという満月、そしてユダヤ暦の祝日「プリム」が20日でした。いろいろなことが20日〜21日という「時」に重なりました。
もちろん巨大地震と津波との関連もありました。

ユダヤ暦の「プリム」は、紀元前5世紀、当時の大帝国ペルシアに住むユダヤ人があわや、ホロコーストのように民族絶滅の瀬戸際まで行ったところから救われた、という奇跡的な出来事がありました。それを物語るのが旧約聖書のエステル記で、それを記念する祭りがプリムです。
プリムの祝いは解放と救いの象徴だといわれています。
このときばかりはユダヤの人も、浮かれ騒ぎも許される日として祝うといわれています。
参考:イスラエルの文化−祭りと祝日


これはいかん!私にできることをしなければ(;O;)!

「私でよければ何ならどうぞ用いてください」と断食に入っておりました。
ジャガー神が大地の浄化を望んでいるのなら、私の邪気も日本の邪気も同じだと思い、水分以外口にするのをやめました。

以前にも44日間続けて食事と睡眠の半断食をしたことがあります。
食事は2日で1日分、睡眠も2日で1日分で過ごしました。

覚悟してやったというよりも、穏やかな光の世界に入り、導師に導かれながら進めていく魂の修行でしたので、苦痛を感じることはありませんでした。

少しずつ感覚が研ぎ澄まされ、内面のどろどろしたものが純化され、不要なものはすべて排出され、「生」に必要な最低限のものだけが残った。
そういう感覚になることができました。

その時に得られた内面の充実感と喜びは、おそらく「いっちゃった系」に近い状態だったと思います(^^ゞ

今回の3日間はそういうスピリチュアル的なものではなく、霊的挑戦のようなあるいは祈りのような、また自己を差し出すような禊的なものでもあったかと思います。

墜天使ルシファーに会って交渉してきたような感じです(#^.^#)



何とか3日間、大きな再災害にも見舞われず日本的にはホッとしています。
ただショックだったのは欧米諸国によるリビアへの軍事攻撃です。
いかなる正しい理由があるとしても、私は戦いや攻撃には反対です。
武器を使えば傷つくのは幼い子どもだったり、一般市民だから。。


今日からマヤ暦では「祖先」のナーカルが守護する13日のトレセーナに入りました。
祖先アハウ


しかしまだ少し油断はできません。
ワイエブ月の5日間があります。

ワイエブ月の詳細はこちら⇒どうなる日本?!マヤカレンダーでみる3月後半


このブログをご覧いただいている皆様、ほんとうにご縁をありがとうございます。

どうぞ皆様、そばにいる方の慰めや励ましとなり、希望や勇気の光を一人でも多くの方、お子さん、ご家族、恋人、友達、お年寄りにつなげていってくださいませね。

1人が2人を励ましたら、2人が元気となります。そして2人が2人を励ましたら4人が元気となりますね。
どうぞどうぞ、光の手をつないでくださいませ。

ワイエブの5日間が終わったとき、新しい風が吹き始めます。
私はそのときを信じて待つことにいたします。


  • 2011.03.22 Tuesday
  • 20:00

-

スポンサーサイト

  • 2018.04.13 Friday
  • 20:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment