Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.04.13 Friday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

アセンション

光のデジャヴと乱反射

みなさん、こんにちわ。

東北関東大震災によって生じている光の神秘的影響と現象について書いてみます。

☆光のデジャヴと乱反射が生じています。

デジャヴーはみなさんご存知だと思いますが、体験したことがないのに、すでにどこかで体験したことのように感じることです。

「既視感」と呼ばれるものですが、これは予知、予言ではなく、記憶が「呼び覚まされる」ような強い印象を与えるものです。
それがこちらの世界と別次元の世界との間で、光の乱反射、あるいはデジャヴのようにして生じているようです。


通常私達が見ている光には、太陽の光やレーザー光などのような可視光線と、放射光(電磁波)や紫外線などのように目には見えないけど存在している不可視光線があります。

神秘主義あるいは魔術的な視点からみる「光」もあって、宇宙次元とつながっている霊的な光が私のサードアイにあるスクリーンに映し出されることもあります。

この3日ほど神秘的な光のデジャヴと乱反射が多くそして強く生じていると感じています。


その第一の原因は放射能による放射性物質や元素分子・粒子が拡散、飛散され、空気中に浮遊する塵などに絡み合って光の正しい道を反射や屈折、回折させているという可能性が考えられると思います。
私は物理学についての知識はありませんが、もしγ線バーストのような月より大きな放射エネルギー光子が天から降ってきたとしたら、日光をさえぎって化学変化を起こさせるかもしれません。 
これらについては、光が実際にどのように変化しているかを私は知ることはできません。

でもそれだけではないようです。

光の波動が異なった形として、あるいは動きとしてあらわれてきています。

アセンションという宇宙意識を体験したときに感じたような光の世界、あるいは感覚的世界が、現実の物質界においても投影されているかのようです。

具体的にどのような状態かというと、映るべきスクリーンに光が映らなかったり、まったく違う場所に映ってしまったり、以前みたような光の融合がデジャブのように呼び覚まされている感覚になったり、あるいは光が届くはずのない別次元の膜に影として映ってしまったり、光のもつ波動が異なるベクトルに向かって暴走したように動き回ったり。という感じです。

 
少し別の視点に移して考えます。

私たち生命が肉体を宿しているのが地球ですが、地球を含めて1つの大きな次元膜におわれた宇宙が私たちの知っている宇宙です。
この次元膜をInside Outしてみると分かるのですが、すぐとなりにも、またもう少し離れた場所にも実は別の次元膜に覆われた宇宙が存在しています。そしてそれらは普通は重なり合うことはありませんし、気づくこともできないはずです。私たち地球人の目と視覚、感覚には隠されているものです。

ところがあるとき、素はこの宇宙の次元膜の穴(ブラックホールのような場所)から何かの拍子にひゅ〜っと飛び出てしまうことがあります。
すると、別の宇宙が見えたり、他の次元膜の宇宙の中へ入り込んでしまったり、光と闇の世界にさまよってしまったり、様々な不思議が生じてきます。
さらに別の次元膜から飛び出てきた超意識や素粒子、あるいは地球外生命体が、地球の存在しているこちらの次元膜の中へ侵入していることも考えられます。

たとえばこの地球上で本来は人の目や霊的なサードアイにすら見えるはずのない「素」があり、それは他の宇宙から次元膜を通過してこの宇宙に入り込んでいるのだと仮定します。
そしてその「素」を人は普通は察したり見たりできないはずなのに、今回のような特殊なエネルギーをもつ物質や分子などが通常ではありえないような数値として拡散されたとき、「素」の正体を映し出してしまうスクリーンの役割となり、光の乱反射のようにして目に映る、また認識している。という状態として認知します。

つまり、あるはずのないものがあるように見えるようになる。
ないものがあるようになる。あるであろうものがあったものとして映るようになる、という現象です。

そしてそれは私だけでなく皆さんの内的宇宙に生じてくるかもしれません。
DNAの中へありえない「素」が入り込んでいる可能性があるからです。

「素」の存在が快楽の回路を刺激し、ドーパミンが快楽物質として大量に放出される引き金となったり、あるいはストレスによりバランスを失っている人体に「素」がかかわり、神経伝達物質の受容体シナプスが機能しずらくなり抑制が効きすぎたりきかなくなったり、ニューロンが違うところから光を通してしまったり。というようにです。
あるいは別の次元との接触により光の融合・融解・生成・分散・減少が生じているともいえるかもしれません。

そのことが光のデジャヴと乱反射に関係する第二の原因とも考えられます。

人間のDNAの中には一生分の根本すべてが入っています。

とても綿密にプログラミングされた遺伝情報が生命の設計図として組み込まれています。しかし運命や魂のめぐり合わせまでは入っていません。
DNAに組み込まれた暗号からは、未来の予測や運命のトリックは読み解くことはできませんが、生命の神秘という視点からみれば、「易」とDNAとのあいだには信じられないような構造の類似や符号があるといわれていますし、マヤの生命樹にもそのような思想的背景はあると思います。
そして集合無意識には人類全体の神話素や元型も入っていますので、デジャヴが生じても不思議ではないともいえるのです。

ほんとにハッ??!目の錯覚?
と思えるほど、不思議な光の投影と乱反射、デジャヴが生じています。

  • 2011.03.28 Monday
  • 18:18

-

スポンサーサイト

  • 2018.04.13 Friday
  • 18:18
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment