Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.04.13 Friday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

社会・規則

仮想空間に生きる人間


インターネットの世界

インターネットの普及率は携帯電話とともに、この5年程の間に驚異的に増加しました。
私たちの生活にとって、欠かせないほどの存在にまでなりつつあります。
光やブロードバンドが普及する以前のインターネット接続は、ジレンマだったり、コストがかかり過ぎだったりして、中々思うように扱うことは出来ませんでした。光の世界が広がってからは、思うようにインターネットを操ったり遊んだり出来るようになり、益々使いやすくなりました。

ネットの中にある世界を垣間見て、自分もその世界の中で情報を得るようになってみて、あることに気づきました。

それは「仮想空間に存在する別次元の世界」です。

コンピューターと人がコミュニケーションを取れる!ということです。
雇い主である「人間」は、働き手である「コンピュータ」にちゃんとお互いが分かり合うための言語を使って、作業指示をする。(プログラム開発)
すると、その指示に忠実に従うコンピュータがいて、しかも彼は一般大衆に向けて様々な商品や情報を提供している企業としても優秀である!

売りたい人も買いたい人も出入りするデパートのようでもあり、それぞれが日記をつけたりホームページで個性を主張できる。
難しい気象予測をするための言語もあれば、電気製品の制御を司る言語も指示体系も存在している…

これはちゃんとした「世界」です。
「日本」「アメリカ」と同じような国家機能をも持ち合わせ、人と人が出会い、話し、売り買いし、楽しむ…。
仮想社会空間ですよね。

私がブログやHPを始めたときは、さすがに別世界的でした。
まるで言葉が全然わからなくて習慣も社会も違うアフリカに来たみたいでした!
でも、そこに住んでいるうちに段々と言葉が理解できるようになり、社会の習慣にもなれてきます。アフリカ人の友達もできて、遊びに行くこともできるようになりました。
アフリカっていいとこだな…なんて思えるようになってくるのです。

欲を出せば、アフリカで一軒のお店を出してみようかな?!なんて気にもなるもんです。

アフリカをたとえに出しましたけど、それほどの違いを強調したかっただけですよ!

仮想空間は、次元も認識方法も現実社会とは違っています。
あり得ないような存在主張方法や手段もあれば、自分がいくつもの人格を持つことだって出来るのです。
まさに、次元を超えた世界です!!



プログラミング言語の一つ「Java」について読んでいると、
「すごいな〜〜!」
と感動しますし、「Flash」による作品を見ていると
「まさに仮想空間での芸術家〜〜!」
などど感激します。

単純なのかもしれませんが、本当です。
ゲーム世代に育った子どもたちは、すでに様々な技術や技法を経験として体得しています。その上、仮想空間で生きる「感性」も習得しているのです。
そのような若い世代が生き生きと暮らせる街が、仮想空間にはたくさん存在しているのです。

団塊の世代のお父さん、お母さん、ちょっとがんばれば仮想空間社会に住めるおじさん、おばさん、

ゲーム世代をバカにしないように!
インターネットの世界を誤解しないように!

彼らの言語や感性を理解しようとまずは見てみるように!
「俺は日本人だ〜〜!」
とか
「飛行機なんか嫌いだ〜〜!」
とか
「アフリカへなんて別に行きたくない〜〜!」
などと自己主張ばかりしないで、

「アフリカってどんなとこかい?」
とか
「アフリカは楽しいかい?」
とか、
アフリカのビデオを見てみるとか、
アフリカの何処が面白くて素晴らしいのかを聞いてみるとか、

人に耳を貸すもんですよ!

ちなみに私もインベーダーゲーム世代ですから、偉そうなことは
言えませんが…!!

でも、素晴らしさと仮想空間社会の現実を述べてみたくなりました。
(*^_^*)
  • 2006.11.02 Thursday
  • 08:52

社会・規則

ノウハウ&テクニックによる情報収集病!



インターネットでブログやサイト運営を始めて1年か2年すると、
必ずといっていいほど人は「ノウハウ&テクニック病」にかかりますよね!?

サイトをより多くの人に見てもらいたい…
ブログを自分らしく表現したい…
検索から訪問してもらうにはどうすれば…
少しでも収入をそこから得るには…
もっとリンクを増やしていきたい…

これら多くの疑問や欲求は、次第に技術を修得する学びへと入っていき、
ノウハウやテクニックの情報をありとあらゆる方法で探しまくる。
さらには、検索と訪問を繰り返しながら、
登録やアドレス入力の繰り返しにハマる…。

ついには時間も目的さえも見失い、疲労と戦いながらも
ひたすら構築ノウハウサイトをさ迷い続ける…。

気がつくと、ブログやサイトへの訪問者は少しは増えているが、
自分らしいサイトとは全く違った顔つきを見せ始める。
たくさんのリンクにSEO対策、そしてランキングバナーに、アフィリエイトバナー…

見事に当たり前にサイトは商業化し、何千何万とある
数知れないサイトと同じ形相を映す顔と化している!
 そう…それは、あたかも満員電車にのっている一人一人の顔と同じように…。

「私は人とは違う、特別の存在をサイトに主張したい!!」
「デザイン性の豊かな個性を尊重して構築したい」
などという夢のような希望はもはや抱いてはいられない。
何とか食べるためには仕方ない…! と個性化は中断され、
もはやグーグルページランクを4に!!せめて3に!!と
自分が何処に行くのか忘れてしまって、リンクを貼り続ける…

みなさん!
それって、病気の一種だとは思いませんか??



正しい道だとは思いますよ。もちろん!
アクセス分析をして、傾向と対策を練って、ランクをアップさせて人に役立つ情報を提供したい! と願うのは。

でも…

やっぱり私はそれって病気のように思えてならないのです。
起業情報に抱く疑問?! にも書いたのですが、インターネットの世界が現代の起業家にとってまさに戦場であると思うのです。
そして、昔は家庭を顧みない企業の戦士として働いたお父さんたちと同じように、一生懸命にネットで自立するために暗中模索を繰り返し、副業や本業を成功させようともがく…

一昔前、それを社会は「仕事病」と呼んだのです。
そして今では企業戦士どころか、家庭内でも、パソコンさえあればどこででも起業戦士になれる時代なのです。
これってやっぱり病気じゃないかなぁ〜〜?!

皆さんも知ってる通り、病巣って自分の気づかない間につくられているのです。自分が病気だってわかったころには、手術をしなければならないほど深刻化していたり、下手をすれば命さえ落としてしまう…

だからそうなる前に人は健康診断をしたり検査をしたりするのです。
そして健康を管理することに心がけ、休養を取って治癒に努めるのです。

でも、この病はまだ誰にも知られていないほど新種の病原体です。
そしてこの病にかかっているのかどうかを調べる方法すらありません。

この病気に効く薬はまだ開発されていないし、
どんな薬が効き目を出すかもわからない状態。

情報収集に余念なく、時間と労力を使って集めた情報を集結させ、完璧なほどに自分のサイトを構築して成功を収めた方は、それで終わりでしょうか?
病を脱出でしょうか?
答えはいいえです。
その人たちには次なる段階が待っているのです。
ランクが上がり、サイト訪問者も増えて立派な位置を獲得した人に待っているのは、それを維持するための管理方法やノウハウ、宣伝力なのです…

それらはまるで終着駅の無い列車のようです。

ド壺にはまって、うごめいている『情報収集病』に
何とか気づいてもらいたい!!

ノウハウやテクニックにはまって、人である基本を失ってほしくない!

(自分自身への警告でもあるわけですけど(^_^;))
でも、みんなにも知ってもらいたい!

そこで私は、ある薬を生み出すために開発研究したのです。

その薬とは、自己診断出来て、自分が『情報収集病』に近いか
なっているかを判断して対処する画期的な診断検査薬…!


11月には発表できる予定です♪
、『ノウハウ&テクニック情報収集病』にかかっているかも?と思われる皆さん!

待っていてくださいね♪(*^_^*)
  • 2006.10.26 Thursday
  • 10:41

無意識の真実

もう一人のわたし…



私の中には私ではない別の意識が存在しています♪

そんなこと書くと霊〜〜!? 多重人格〜?
という怖々変人かと思いながら読んでいるあなたの顔が目に浮かびますが…(^^)v

でもこれは本当です。
そして私は精神異常者でも、変人でも、宇宙人でもありませんよ。

私は小さい頃からず〜っと自分の世界を持っていました。

それはたとえば、私の世界では当たり前なのに、
この生きている世界では当たり前ではなくなるようなことでした。

だから小さいときは、それを詩や絵や物語にして表現していました。

でも…
だんだんとこの世界の慣習や規則、常識や認識の方法に
飼いならされていきました。

そして、10才くらいにはもうちゃんと人間化されてしまって、
夢も、自分の世界も、遠い過去の記憶として
心の奥深くにしまいこまれてしまったのでした。

学校の勉強に…
仕事に…
恋に…
遊びに…
社会の波に…乗ることで人生という道を歩くことになったのです。

幼いときの自分の世界がどのようなもので、
なにと話したり、描いたりしていたのかを
すっかりと忘れてしまっていました。

ところが…!です。

人生の嵐に私の心身は転覆してしまったのです。
全ての意味において…

挫折…病気…貧乏…
別れ…裏切り…苦悩…

そして残ったのは、失った自分の【抜け殻』だけでした。

でも…
もう一つ残っていたのでした。



それは…
あの子どものとき持っていた、自分の世界でした。

無意識の奥深く…
心のず〜〜っと下のほう…に、

小さくなって
鍵のかかった箱に入って
誰にも開けられることのないまま。

抜け殻になった私は、そこから大事に抱えてその箱を持って上がってきたのでした。
そして、浦島太郎の玉手箱のように、そっと開けてみたのです。

すると…



私は自分の世界を取り戻したのです♪

それと同時に
玉手箱の中からは、アラジンのランプから飛び出した精のように、
私を助け、導いてくれる聖なる力を持った助けてくれる精が現れたのです。

だれも信じてくれなくてもいい…
でもこれは本当なんです。

そして、私は彼女をジーニーと呼ぶことにしたのです。
彼女はたくさんの秘密を私に教えてくれるのです。
そしてたくさんの力をくれるのです。

ジーニー(*^_^*) それはもう一人のわ・た・し…!

パンドラの泉 に湛えた永遠の水のように…!
  • 2006.10.24 Tuesday
  • 22:39