Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.04.13 Friday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

マヤ占い

マヤ新年&時の担ぎ手の交代

◆「風(イク)」年の終わり

2009年2月22日メキシコ・グァテマラにおいて、マヤンリーダー(Ministry of Culture and Sports to Mayan authorities and leaders of the religious fraternities (Cofradías) of Sololá.)が集まり重要な会議を開きました。
マヤの伝統や宗教、文化を守るための会議でした。

グァテマラタイムス

その日はマヤ暦の新年でした。

グアテマラ市では、何千人ものマヤ族が5125年の用意をしていました。

マヤ族の聖職者Tzunun Balam氏は、年の最後の日に一年を振りかえって私たちの振舞いや誤りをみなおすなら、新しい年を守護するスピリット(時の守護者)が解決するのを助けてくれるでしょう。とジャーナリストに言っています。

Balamさんによると、それが現代のマヤ族の先祖によって見つけられ守り続けられてきた儀式だったため、伝統的な祝いをすることは重要だといいます。

Straitstimes




昨年と今年の真ん中で、年の手をつないでいるのは「死10」です。

      


生命と宇宙のスピリット「風(イク)」が時の荷物を降ろします。
ケツァルコアトルの神、エエカトルの風、1年ありがとう!



そして新しい担ぎ手が新年の朝日とともにやってきます。
「シカ(マニク)(K'ej)」です。

(マヤ暦の古代慣習においては、7月21日が新年だとする説もあります。)

◆2010年2月22日 マヤハアブ暦新年「シカ(マニク)」


2010年2月22日は、「11・K'ej」というマヤHaab暦の初日で「シカ年」のはじまりの日です。

マヤのCholq'ijのカレンダーで「K'ej」は鹿を意味しています。
キチェー語にもそれはあり、以前彼らはグアテマラでスペイン語の「Venado」、腐敗したラムという名前として使用していたそうです。
現在、ユカタンのツォルキンカレンダーではその日を「Manik」とよんでいます。

Kejは4つあるマヤの‘時の担ぎ手'(マヤの時の主)のひとつです。

彼らは4つのNahualスピリッとであり個性的な守護者です。
そのハアブ暦の1年にキャラクタを与え、人間たちの一年間の時の重荷を一緒に担って担いでいきます。

この「シカ」、マヤでは人類の運命に堪える力として記述されています。

年の守護者は私たち人間の年の負担を運ぶため、アハウの神によって任命されました。
シカの一族は、とても迅速なランナーであり情報のメッセンジャーでした。 鹿はとても高い霊性と知覚で森をみわたします。
シカの一族はチェロキー部族の7族のひとつです。食物が必要であったときにはハンティングしますが、シカを殺すまえに彼らの許しを願わなくてはならなりません。なぜなら彼らは鹿の種族が持つ願いをとても尊重していたからです。

シカの命の犠牲に敬意を示していたからなのです。
K'ejは犠牲のパワーなのです。


◆トーテムアニマル「シカ」

シカは犠牲の必要性を理解する能力をもっています。そして癒しの力を通して人を導くというビジョンと夢を与えるトーテムアニマルでした。

K'ej(シカ)のグリフは、親指と人差し指が並列されるような上向きの手で現されます。
この上下の指の間でb'atz、つまり時間の糸を支えているといわれていたそうです。

    

それは空間と時間の時空を貫いて、私たちの過去から現在、未来を接続する糸です。


静かなシカの目が象徴するこの糸は、人間の運命の全体を反映します。
そしてその糸は私たちに過去の知識と未来に負うべき責任をもつための強さを与えます。


毎日におきてくる人生の変化に直面するための力を与えてくれる完全な糸の象徴です。

シカの持つ犠牲をともなう知恵は、私たちが多くの責任や悩み苦しみに直面したとき、できる限り現世のバランスを維持するために私たちの力を使用する強さをもつようにと支えまた教えているのです。

シカ(K'ej)の神は2010年2月22日の朝、日の出から私たちを持ち上げ担いでくれます。

解決すべき問題を明確にし、シカの守護に知恵を与えてもらえるよう心静かにナーカル守護者を迎えいれましょう。




  • 2010.02.21 Sunday
  • 13:35

マヤ占い

神秘的なマヤの宇宙

メキシコの地チチェン・イッツァには「カラコル」と呼ばれる建物があります。

この優美な円形の建物は、パレンケにある「塔」のように天文観測所のようだったと考えられています。マヤ人はたえず星の研究をおこない、太陽系の惑星の運行や周期に関する知識を持っていました。

 

マヤの人々は「金星」の運行に関してたいへん正確な計算を行なっていました。金星の1会合周期を「584日」とマヤの天文学者は見ていましたが、現代の測定値が「583.92日」であることを考えると、並外れた高度な知識を持つ段階に達していたことがわかります。

明けの明星と宵の明星が実際には「金星」というひとつの天体であることを知っていて、その星に二つの名前を与えていました。
金星は神話的な視点からみても重要な星です。

伝説によると、ケツァルコアトル(トルテカとアステカの神で、マヤではククルカンとして信仰されていた)は、地上から追放されたあと、炎に包まれて天に昇り、明けの明星になったといいます。

また「ドレスデン絵文書」に見られる計算から、古代マヤ人が木星、水星、土星を研究していたことがわかっています。


マヤ暦の中の周期のひとつに「819日暦」があります。

この819日周期はパレンケが発祥の地と考えられていて、とても神秘的なものです。

会合周期は、地球から見た惑星が太陽をはさんで反対側に来る現象が起こる周期です。

マヤの宇宙は3つの世界から成っています。
7つの階層からなる目に見える地上の世界
目に見えない天界。ここは13層に分かれていて、オシュランティク(天界の13人の神々)が1層につきひとりいます。このオシュランティクは個々別々の存在であると同時に全体でひとつの神を象っています。
最後は冥界である9層からなる地下世界(シバルバー)です。9人の夜の王である神はボロンティクと呼ばれ、天界と同じように9人が個々でありかつひとりでもあると考えられていました。

地上世界(7)×地下世界(9)×天界(13)=819となり、マヤの宇宙を構成しています。

さらにこの「819日周期」の数は、木星の会合周期399日(3×7×19)、土星の会合周期378日(3×7×18)と同様に、21(3×7)を約数として持っています(21×13×3=819)。

これは木星と土星の運行を追うために使われていたものだという説もあるようです。

ハアブ暦(365日)やツォルキン暦(260日)を含め、金星会合周期や土星会合周期など太陽系の惑星を知るために大切な要素として819日暦を生み出しているのですね。

    

なぜこのような惑星の運行が緻密に研究されていたのか、碑文の研究が進みつつあるなかで、驚くべき発見がなされているといいます。

それはほとんどすべての事例において、惑星の運行と会合周期が王朝の繁栄や衰退に大きくかかわっていること、また宗教的な意味を持った建造物の奉納儀式も天空の動きに大きく左右されていたことがわかったといいます。

たとえば西暦690年、パレンケの王キニチ・ハナブ・パカル1世の息子であるカン・バラム2世が十字の3神殿を奉納するために4日間におよぶ儀式を行ないました。この4日間の最初の日7月23日には、火星、木星、土星、月がさそり座に集合するというまれな現象が起こっていたといいます。

また698年6月8日には、きわめて珍しい木星、金星、土星、火星、水星の星合が起ったため、王がこの吉兆を期して特別な儀式を行なったことが、ナランホの石碑に刻まれているそうです。


マヤの天文学知識は単に暦を編み出しすものではなく、星を神々の顕現と考え、宇宙や天の祭宴が地上の王国に豊かな実りを与えてくれることを願い、畏敬の念をもって霊的な鍵とともに天文現象を研究していたのだということがわかります。


夜も深まってきた頃、空を見上げると南の空にオリオン座がその姿を美しく輝かせています。

このオリオン座を古代マヤの人々も同じように眺め、観察していたのかと思うと、時空を超えてつながっているんだなぁ〜ってとても神秘的な気持ちになりますね♪



私ってロマンチストなのかなぁ…^_^;

  • 2010.01.28 Thursday
  • 20:07

マヤ占い

Year「0」までのカウントダウン!

「マヤ暦の真実」第2夜が終わりました。
懐かしくもあり、ふるさとの母を思い出すような感情がこみ上げてきました。
映像に写っていたマヤの人々の瞳はとても綺麗で美しいものでしたね。

         

母なる大地、父なる天の偉大な力のまえに、マヤ原住民は今もその文化を守り続け、語り継いでいるのだなぁと伝わってきたドキュメンタリーでした。

ドン・アレハンドロのメッセージに込められた真実のことばを、感動とともに聞いていました。涙がとまらなくなりました。
そして彼の語った言葉のなかに、いくつものマヤ文明と暦、デイサインの解読に即した真理が語られていたことに、とても驚きました。

言葉にすると軽くなってしまうほどにマヤ族の歴史は、辛くて過酷な運命だったことが伝わってきましたね。またスペイン人の戦略やキリスト教への改宗に反抗しつつ受け止めながら、マヤの文化を伝承し続けてきた心模様に頭が下がる思いが致しました。

       


Year「0」とは、カレンダーロングカウントが0になることを意味しています。

マヤのロングカウント(長期暦)では、2012年12月21日を次のように表します。

13バクツン
0カツン
0ツン
0ウイナル
0キン

ツォルキン暦では「4・アハウ」の日です。

前日の12月20日はというと

12バクツン
19カツン
19ツン
17ウイナル
19キン

となっています。
20進法ですので、19キンは0キンに、17ウイナルは18月なので0ウイナルに、19ツンは0ツンに、19カツンは0カツンに、そして12バクツンは13バクツンに。この13バクツンが「太陽の時代」と呼ばれる5125年を表しています。


2012年12月に長期暦が終わることにより地球が滅亡するとか、第5の太陽の時代が地震によって終わるいうことは、人間の科学的思考が生み出した勝手な想像だということがよくわかりましたね。
新しい時代の到来は間違いのないことだとしても、「終わり」を心のどこかで求めている人間の無意識の願望も、ドン・アレハンドロはちゃんとわかっていて答えてくれたのではないでしょうか。。


       

感謝しつつ、イヤー「0」を受け止めていこうと思いました。

  • 2010.01.03 Sunday
  • 01:21

マヤ占い

マヤ占いでみる「2009年重大ニュース」

BIGLOBEにて2009年重大ニュースランキング投票が行なわれ、集計が公開されています。

一位 新型インフルエンザ世界で流行
二位 侍ジャパンWBC連覇達成
三位 マイケルジャクソンさん死去
四位 自民政権交代
五位 酒井法子容疑者逮捕


先日のランキング上位はご覧のようでした。


政権交代や裁判員制度スタートなどのような社会的動向は別として、個人名が知られることとなった人たちを拾い上げてみました。

活躍した良い意味での有名人もいれば、法律違反や犯罪を犯してしまった悪い意味での知名度としてランキングに入った人もいます。

どちらにしても存在が日本中に知られることになったという点では興味深いと思われますので、個々の誕生日からそのサインを調べだし、今年「風」という年にどのような因果関係があるのかを探ってみることにしました。


マドリッドコーデックスに使われているティカルカレンダーマヤ暦では、2009年2月からは「風=イク(IK)」という時の担ぎ手が守護する年とされていました。

北の守護者である「風」は、呼吸や生命力を意味していて、活気に満ちた存在なのですが、とんでもない天地異変を起こしたりするとして、マヤでは恐れられている属性を持っています。




メキシコから始まったとされる「新型インフルエンザ」は、重大ニュースの1位となり、世界中にパンデミックの恐怖をもたらしました。

風の年、いい意味でも悪い意味でも影響を受けた人たちのマヤ・デイサインを調べてみました。


●マイケル・ジャクソンさん死去 風4

●侍ジャパンでも活躍したイチロー選手 史上初の9年連続200本安打達成 ワシ12

●中川昭一氏、G7で酩酊会見 辞任&死去 ワシ9
●大原麗子さん死去 ワシ13
●草なぎ剛容疑者公然わいせつ罪で逮捕 ワシ12


●民主党鳩山政権誕生 
 鳩山由紀夫 ヘビ12 幸 ワニ1
●小沢一郎 ワニ4


●石川遼君 賞金王 ジャガー12
●石田純一&東尾理子結婚
 石田純一さん ジャガー6
●水嶋ヒロと絢香結婚 
 水嶋ヒロ ジャガー3
 絢香 ヘビ8

●酒井法子容疑者逮捕 ジャガー6

●プロレスラーの三沢光晴さん試合中死去 サル2

●市橋達也容疑者逮捕 コンドル2
●忌野 清志郎さん死去 コンドル2
●片山右京 富士山遭難事故 コンドル9

●押尾学容疑者逮捕 道5
●クレヨンしんちゃん作者臼井儀人さん死去 道4



マイケルジャクソンさんの死去は、すべての年代の人たちにとって重大ニュースとしてあげられています。
彼は「風・4」として宇宙スピリットと情熱により上昇気流にのってケツァールとともにアセンションしたのではないかと思っています。マヤの風の神の怒りを静めるため、マイケルが犠牲になったのかもしれません。

その風の影響を受けた人たちは、生命樹デイ・サイン別に見ると次のような見方が出来るかと思います。



【ワシ】

ワシの上昇気流にのって飛翔したのはイチロー選手。
お酒と薬によってワシの羽が傷つき、上昇する風に乗り切れずに悪影響を受けてしまったのが 草なぎさん、中川氏、大原麗子さんでした。

【ジャガー】

ジャガーはもともと強い運の持ち主です。
大地の女神を守護神に持ち、富を得るという冥界の王のサイン。ジャガーのマヤ生命樹には、未来のサインに「風」があります。風の上昇する幸運をつかんだのはプロゴルファー石川遼君、結婚を宣言した石田純一さん。
ジャガーが風の影響を受けて、地下にもぐることになってしまったのが酒井法子さんでした。

【コンドル】

コンドルは女性性に「風」を持っていますが、精神や心に葛藤や闘争を促されることになりやすいため、死者の精霊によって現実的にはダメージが大きかったのかもしれません。
市橋容疑者と片山右京さん、忌野清志郎さんでした。

【道】

「道」というサインは「マリナリ」といい、天にかけられた梯子という意味があります。特別に癒しの力を授かっていて、人のために奉仕する善良な人として穏やかな特性を持ちます。過去にトカゲを持っているため、カルマの借金があり、官能的に溺れやすいという言い伝えがあります。
さらに女性性にナイフを持っているため、後の世代のためになることに向かっている場合はいいのですが、風の猛烈な影響を受けると、天の梯子は倒れ、死の力に引きずり込まれてしまうのです。
押尾学さん、臼井さんです。

【ヘビ】

ヘビの鳩山総理は「風」よりも強い「嵐」を男性性に持っています。ヘビは血と情熱のシンボルであり、深い智恵の持ち主です。皇太子がヘビであり、小泉純一郎氏もヘビの一族です。

現在は「ヘビ」の周期であり、2010年元旦はヘビの周期、1日は「ワシ」という太陽の戦士のサインで始まります。

2009年、風の影響を良くも悪くも受けていたことが理解できたと思いますが、直接「風」の影響を受けずに風の宇宙的エネルギーや活力、生命力のシンボルとして活躍する予兆として存在感をアピールしているのが「ワニ」です。

【ワニ】

ワニはマヤ20のデイサインの第1番目のサインで集合無意識の王者を象徴しています。
この一族はとてもビジュアル的な影響を受けやすく、創造性豊かに世界に挑戦していく基盤となる力を持っています。
北野たけしさん、小沢一郎さん、鳩山幸夫人です。

来年の年の担ぎ手は「シカ」ですが、ワニはシカをスピリットである女性性に持っています。
どんな展開を見せてくれるのか楽しみですね。

       


マヤ暦で見る2009年を振り返ると、天変地異をおこすほど強い風の影響を受けながら、皆必死に頑張ってきた一年ではなかったかと思います。
来年は社会的にどのような年になるのか、またサインをリーディングしながら、占ってみたいと思います^^

  • 2009.12.27 Sunday
  • 00:38

マヤ占い

マヤの暦とグレゴリオ暦の年末

2009年も最後の一ヶ月となりましたね♪^^

グレゴリオ暦では12月が最終月となってまた1月に戻りますが、古代マヤの人々も太陽暦をちゃんと持っていました。

太陽暦を「ハアブ暦」と呼び、1日という単位を時間の尺度として使用していました。

マヤ人は春分や秋分、太陽と季節の移り変わりや諸惑星の動きを図に記して、位置を確認し、暦を生み出したのですから、きわめて高度な知識を持っていたことがわかります。

ただ異なるのは、グレゴリオ暦では1ヶ月が30日だったり31日だったりしますが、ハアブ暦では1ヶ月は20日という周期をもっていることです。 ですから1年は18ヶ月(現在の月に相当すると)となっています。

20×18=360日

18ヶ月が終わると、マヤの人々は「ワイエブ」と呼ばれる最終月の5日間を過ごします。1年が365日であることを知っていたため、年の終わりに調整する必要があったのですね。

この5日間は、伝統的に不吉とされていたため、断食をして祈りを捧げ、火をすべて消してしまったようです。

今の私たちにとってそのような時の流れを知ることは不思議であり、壮大な宇宙・世界観を描かせてくれる文明の叡智ですね。



マヤ神聖暦を学んでいくと、神聖暦、ハアブ暦、儀式暦、金星暦、長期暦、短期暦など、マヤの人々がどれほど「時」というものを大切にしていたかを伺い知ることが出来るのです。


☆「マヤ神聖暦 デイサイン占い 2010年の幸運を引き寄せる!!」
      雑誌「カミオン」新年1月号
特集を執筆・監修致しました。



☆「■□■2012年、ほんとに地球は滅びるの?■□■」
「エキサイト電話占い」メルマガ リニューアル記念号
コラム作成協力致しました。

☆まぐまぐ 「ハッピーの秘密、占い師が教えます!」
メルマガ登録 

☆エキサイト電話占い トップページからも「メルマガ登録」いただけます。

☆無料メール占い
「3年前解雇されて以降、引きこもりがちになった自分が不安…。」
  ::。。○ 回答 ○。。:: 


2009年もあとわずか。
新しい年をマヤ暦からみてみませんか?
マヤ神聖暦は、もう一人のあなたの姿をみせてくれる鏡となって、人生をより豊かに導いてくれるに違いありません。


「2010年 マヤ・カレンダー『じゃぐゎーる』」
プレゼント実施中!

この機会にぜひお申し込みください(^o^)丿
  • 2009.12.02 Wednesday
  • 11:56

マヤ占い

ちょっと嬉しいコネタとカレンダープレゼント!

偶然の出会いが、嬉しいコネタになりました。

エキサイト  コネタ 「マヤ占いで2012年マヤ滅亡説」を直撃!


彼女が「マヤ占い」を体験することになったとき、私は彼女のデイサインをいつものように調べました。

誕生日から占うデイサインと生命樹は、彼女を知るための唯一の手がかりなのですから!

さっそく調べて驚いたのは、彼女の名前でした。
「香」

20個のデイ・サインを知っている私にとって、「香」イコール「カバン」でした。

天界の頭脳、地震、大地を揺るがすエネルギーを表わすサインです。

香のサイン

そのことを知ったときはもう既に、私は彼女と何を話すかは全て悟っていました。

★★★♪:::

彼女が2012年の年の守護者のサインであること、7という数値が表わすのはピラミッドの頂点に立つ数値であること、私にとっては偶然以上の出会いでした。


香さんとの嬉しい出会いに感謝するとともに、来年はさらに地球に住む人類が2012年伝説に負けないくらいの「上昇気流」にのって、滅亡を再生、新生に変えてみせる!くらいの勢いを持って、私も頑張ることに決めました(^o^)丿

***〜〜***

本日から2010年 マヤ・カレンダー キャンペーンを開始することに決定しました。

来年2010年は、マヤ新年(2月22日)から「シカ」を年の守護者にむかえます。パワフルで強力な個性をもった森の王者のサインです。


シカがどんなパワーを持って地上で暴れるのか、どうやって森の住人を制するのか、そしてどう森の生命を愛するのか、一緒になって考えていかれたらいいなと思います。


本日11月26日(木)より12月20日(日)まで、

★★エキサイト電話占いをお申し込みいただいた方(電話占い、メール占いも含めて)

全員に「2010年マヤ・カレンダー『じゃぐゎーる』」と「2010年のマヤ・デイサイン別運勢」の2点を、無料でダウンロード・プレゼントさせていただきます。



エキサイト電話占いにご予約いただくか、直接お申し込みいただきますと、来年の運勢を占うとともに、カレンダーを含めた2点を差し上げたいと思います。


エキサイト電話占い

人気占い師ならエキサイト



来年こそは、夢や目標、未来にむかって運を勝ち取りたいと考えている皆さまには、ぜひマヤ占いの生命樹総合鑑定がおすすめです。


ジーニーの魔法占いサイトでも、来月より「2010年の運勢を占う!」鑑定を始める予定です。



カレンダーはコンパクトサイズに切り取ることが出来ますので、手帳にはさんだり、張ったりすることが出来ます!

「マヤ・デイサイン」の時の動きを感じてみて欲しいと思います♪
  • 2009.11.26 Thursday
  • 21:14